転職しくじり談面接対策

転職失敗は人生終わりではない!転職しくじり談【私も経験しました】失敗から学ぶ3つののポイント

転職失敗 人生終わり 転職しくじり談
転職失敗 人生終わり

転職したけど、失敗だった、、、。転職して人生オワタ、また転職するのはしんどい。

 

 

私も同じような経験しました。転職に失敗すると、その経験は自分にとって大きなダメージになります。しかし、その経験は自分にとって無駄なものではありません。私も転職を5回経験しワークライフバランスが整ったホワイト企業に転職することで、人生が変わりました。

 

 

転職に失敗したからこそ、自分の弱点や課題、改善点や学びが見えてくるからです。ここでは、5回転職を繰り返しホワイト企業に転職した私が、転職に失敗した経験を活かすために、個人的な独断と偏見を元に3つのポイントについてご紹介していきます。

転職失敗は人生終わりではない

転職失敗は人生の終わりではありません。

 

それは、転職が当たり前の時代であること転職経験が多くても雇用してくれる会社が多数あることどん底から復活できた人も多くいることの3つが挙げられます。

 

転職が当たり前の時代であることは、日本には300万前後の会社があり、働き方の多様化で転職は珍しいことではなくなったことからわかります。

 

転職経験が多くても雇用してくれる会社が多数あることは、数回の転職であれば企業側はとくに気にしないことや、転職経験がない人を敬遠する会社もあることからわかります。

 

どん底から復活できた人も多くいることは、精神疾患で20年勤めた会社を辞めた人や、5度目の正社員の転職に失敗した人などの実際の経験者の声からわかります。

 

以上のことから、転職失敗は人生の終わりではなく、やり直すことができるチャンスやチャレンジになると言えます。

 

人生諦めたらそこで試合終了ですよ。一緒に頑張りましょう!

転職に失敗した例

では、なぜ転職に失敗するのでしょうか?転職に失敗する原因はさまざまですが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

自分の適性能力

  • 自分の適性や能力、志向や目標に合わない職種や企業に転職する

転職先の人間関係

  • 転職先の企業や職場の環境や文化、人間関係などを事前に十分に調べない
  • 転職先の企業や上司、同僚などの期待や要求に応えられない
  • 転職先の企業や職場で自分の価値や存在意義を見出せない
  • 転職先の企業や職場で自分の能力やスキルを発揮できない
  • 転職先の企業や職場で自分の成長やキャリアの展望を感じられない
  • 転職先の企業や職場で自分のやりたいことや楽しいことができない

 

ざっくりいうと、失敗したなと感じる内容としては、「人間関係」と「入社前と入社後でのイメージしていた内容と違った」という点です。

 

 

これらの原因は、転職活動の段階で防ぐことができるものも多いです。転職活動は、自分自身と向き合い、自分の適性や能力、志向や目標を明確にし、それに合った職種や企業を探すことが重要です。

 

 

また、転職先の企業や職場の環境や文化、人間関係などを事前に十分に調べ、自分がそこで働くイメージを持つことも重要です。

 

 

さらに、転職先の企業や上司、同僚などの期待や要求に応えられるか、自分の価値や存在意義を見出せるか、自分の能力やスキルを発揮できるか、自分の成長やキャリアの展望を感じられるか、自分のやりたいことや楽しいことができるかなど、自分にとっての転職の意味や目的を常に考えることも重要です。

 

 

転職に失敗すると、その経験は自分にとって大きなダメージになります。しかし、その経験は自分にとって無駄なものではありません。転職に失敗したからこそ、自分の弱点や課題、改善点や学びが見えてくるからです。転職に失敗した経験を活かすためには、以下のようなポイントに注意することがおすすめです。

①転職に失敗した原因を分析する

転職に失敗したと感じたら、まずはその原因を分析することが大切です。

 

 

転職に失敗した原因は、自分の内部にあるものと、自分の外部にあるものに分けられます。自分の内部にある原因とは、自分の適性や能力、志向や目標、価値観や感情など、自分自身に関するものです。紙に書き出して見るとわかりやすいですよ。文字にできると頭の中も整理できてスッキリし、伝えることが楽になりますよ。

 

 

自分の外部にある原因とは、転職先の企業や職場の環境や文化、人間関係、業務内容や評価制度など、自分以外の要素に関するものです。

 

 

転職に失敗した原因を分析することで、自分がどのような点で不満や不安、不幸や不適合を感じたのか、自分がどのような点で期待や希望、幸福や適合を感じるのか、自分がどのような点で改善や学習、成長や発展を求めるのかなど、自分の本当のニーズや欲求を明らかにすることができます。

②転職に失敗した結果を受け入れる

転職に失敗したと感じたら、次に大切なことは、その結果を受け入れることです。

 

 

転職に失敗したと感じると、自分を責めたり、後悔したり、恨んだり、逃げたりする気持ちになるかもしれません。

 

 

しかし、それらの感情は、自分にとってプラスになるものではありません。自分を責めたり、後悔したりすると、自分の自信や自尊心を傷つけることになります。

 

 

自分を恨んだり、逃げたりすると、自分の責任や課題を放棄することになります。転職に失敗した結果を受け入れるとは、自分の感情を否定したり、抑圧したりすることではありません。自分の感情を認めたり、表現したりすることです。

 

 

自分の感情を認めたり、表現したりすることで、自分の心のバランスを取り戻すことができます。

 

 

また、転職に失敗した結果を受け入れるとは、自分の状況を変えることができないと諦めることではありません。自分の状況を変えることができると信じることです。

 

 

自分の状況を変えることができると信じることで、自分の行動や選択の余地を広げることができます。

 

③転職に失敗した経験を活かす

転職に失敗したと感じたら、最後に大切なことは、その経験を活かすことです。

 

 

転職に失敗した経験は、自分にとって貴重なフィードバックやレッスンになります。転職に失敗した経験を活かすためには、以下のようなことをすることがおすすめです。

自分の弱点や課題、改善点や学びを明確にする
自分の適性や能力、志向や目標、価値観や感情を再確認する
自分のニーズや欲求に合った職種や企業を再検討する
自分の意味や目的に合った転職の方法やタイミングを再検討する
自分の行動や選択に責任を持つ
自分の成長やキャリアに前向きに取り組む

 

転職に失敗した経験を活かすことで、自分の転職活動の質や効果を高めることができます。また、転職に失敗した経験を活かすことで、自分の自信や自尊心を回復することができます。さらに、転職に失敗した経験を活かすことで、自分の働きがいややりがいを向上することができます。

 

転職に失敗したと感じることは、誰にでもあることです。しかし、転職に失敗したと感じることは、必ずしも悪いことではありません。

 

 

転職に失敗したと感じることは、自分の転職活動やキャリアにとって、大きなチャンスやチャレンジになることもあります。

 

 

転職に失敗したと感じたときは、その原因を分析し、その結果を受け入れ、その経験を活かすことで、自分の転職活動やキャリアをより良いものにすることができます。

 

 

転職に失敗したと感じたときは、自分を責めたり、後悔したりせずに、自分を信じたり、応援したりしてください。

 

 

 

私は、あなたの転職活動やキャリアにとって、最善の結果が得られることを願っています。

 

転職失敗は新しい人生のはじまり

会社が300万前後あれば、繋ぐ転職サイトも沢山あります。

つまり、転職失敗した経験を活かすためにも色んな転職サイトを確認してみるのもおすすめです。

 

では、またお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました