Twitterで話題

上野宝博(たかひろ)キレた顔画像!「宝塚市長尾中学校卒業生が語る擁護メモが流出!」長尾中学に物申す

uenotakahirokaogazouTwitterで話題
uenotakahirokaogazou

兵庫県宝塚市内の長尾中学校教諭で、柔道部の顧問を務める上野宝博(うえのたかひろ)容疑者。生徒が柔道場にあったアイスを無断で食べたことに激怒し、執拗以上に寝技や投げ技をかけて背骨を折る大怪我をさせています。

ここでは上野たかひろ容疑者のキレた顔画像や長尾中学校卒業生が語るメモがツイッターで流失していました。(下に続く…)

上野宝博(うえのたかひろ)容疑者柔道教師アイスごときで生徒の背骨骨折させる事件の概要

宝塚市内の中学校で、教諭が柔道場の冷蔵庫にあったアイスクリームを無断で食べた生徒2人に重軽傷を負わせたとして、逮捕されました。
市の教育委員会によりますと、その場には別の教諭もいましたが「恐ろしかった」として止めに入っていなかったということです。

この事件は、宝塚市立長尾中学校の教諭で、柔道部の顧問を務める上野宝博容疑者(50)が先月25日、学校の柔道場で部員の1年生の男子生徒に対して、1人には投げ技をかけたあと両ほおを数回殴り、背骨を折る大けがをさせ、別の1人には寝技をかけ、首に軽いけがをさせたとして、傷害の疑いで逮捕されたものです。
宝塚市教育委員会によりますと、上野教諭は冷蔵庫からアイスクリームがなくなっていることに気づき、練習前、部員全員を集めて問いただしたということです。
このうち1年生2人が食べたことを認め謝罪しましたが、上野教諭は激高し、柔道技を執ようにかけ続け、けがを負わせました。
さらに、副顧問を務める40代の男性教諭もその場にいましたが、止めに入らなかったということで、「上野教諭の激高に恐ろしさを感じて何もできなかった」と話しているということです。
上野教諭は教育委員会の聴き取りに対し、「アイスクリームを勝手に食べたことに感情的になって指導が必要だと思った。行き過ぎだった」と事実を認めているということです。
宝塚市教育委員会の森恵実子教育長は記者会見で、「子どもにとって安心・安全であるべき学校で起きたことで、許されることではない。生徒や保護者に心から深くおわび申し上げる」と謝罪しました。

事件の概要まとめ

  • 兵庫県宝塚市内の長尾中学校教諭を務める上野宝博容疑者(50)
  • 柔道場の冷蔵庫からアイスクリームがなくなっていることに気づき、練習前、部員全員を集めて問いただした
  • 1年生2人が食べたことを認め謝罪しました
  • 上野教諭は激高し、柔道技を執ようにかけ続け、けがを負わせました
  • 1人には投げ技をかけたあと両ほおを数回殴り、背骨を折る大けがをさせた
  • 別の1人には寝技をかけ、首に軽いけがをさせた
  • 副顧問を務める40代の男性教諭もその場にいました
  • 上野教諭の激高に恐ろしさを感じて何もできなかったチキンすぎる別顧問教諭

上野宝博(うえのたかひろ)容疑者の顔画像特定

長尾中学校教諭で、柔道部の顧問を務める上野宝博(うえのたかひろ)容疑者の顔画像がコチラ。

上野宝博容疑者顔写真

いかにも怖そうな面をした上野宝博(うえのたかひろ)容疑者50歳です。口元は性格と同じように歪み、不適に口角が上がっています。この顔からアイスを食べたことに激怒して柔道技を繰り広げるのですから、恐怖でしかありません。

別顧問教師がビビる程の激昂っぷり。

上野宝博容疑者について卒業生が語るメモが流出!

宝塚市長尾中学校上野宝博容疑者について、卒業生が語っているメモがツイッターに流出していました。

「こういうこと言うから、何回もい同じ体罰を繰り返すんでしょう。優しいとか妄想でしかない」(ツイッターより)

気になるメモを拡大した画像がコチラ

画像

画像

「【宝塚市長尾中学校 上野宝博容疑者による体罰について】私は卒業生ですが、中学校のときは3年間、上野先生の授業を受けていました。これだけは言わせてください。上野先生はすごく良い人です。とても優しい人です。確かに、暴力を起こす教師は最低です。教師として、人として。でもすごくすごく良い人なんです。

わからないところを聞いたら、納得いくまで教えてくれて、すごく優しい笑顔で答えてくれました。やっぱりこういう優しいところを知っているから、大好きだから、ネットで叩かれるのを見て、すごくつらいです。

もちろん、暴力受けたこは体だけでなく、心にも傷ついてもしかしたらこれから学校に行くのが怖くなるかもしれない。社会的に生活していくのが難しくなるかもしれない。そういうことを思って、上野先生を批判する気持ちもわかります。でも、何も知らない人がそうやって軽い気持ちで思ったことを言わないでください。書き込まないでください。

あと、今ネット上で上野先生の顔画像などが出回ったりしているところもありますが、私が調べて、見たところ、現時点では一切本人の画像ではありません。柔道部の子と一緒に写って人差し指に大きいリングをはめている画像も上がっていましたが、それも違います。

私は体罰教師が大っ嫌いです。上野先生が大好きだからこそ、とてもつらいです。みなさん、どうか上野先生の自業自得ではありますが、ご家族の方のためにも、コメントや書き込みは控えてください。」(上野容疑者の授業を受けた卒業生より)

この卒業生は、上野容疑者のことが大好きだったことがわかります。しかしながら暴力教師は大っ嫌いとも語っており、複雑な心境とのことです。他にも数年前に上野容疑者に教えてもらっていたという生徒が存在していました。

上野容疑者は、日常的に体罰を行っている先生ではなかった様子です。普段はとても優しいということから反動が凄かったのでしょう。

それもアイスを食べたから激昂したというのは、ありえません。

そんな上野容疑者の生徒に対して上野容疑者の批判が多く殺到していました。

上野宝博容疑者の生徒に批判殺到!

「でも、背骨を折るのは捕まって妥当だと思う」(ツイッターより)

現長中生徒と名乗るアカウントが上野容疑者を擁護していました。上野容疑者は体罰を与えるも生徒から少なからず支持を得ていたことがわかります。

普段は優しいからって暴力を犯した罪を庇う理由にならないと正論を言い放っています。

普段優しいのは、わかりましたが、生徒を骨折させた先生を安全な人とは言えない。生徒だけでなく教師も恐る程です。

これだけ信じて庇ってくれる生徒がいると知ったら上野容疑者も心を入れ替えて、アイス如きで背骨をおらなくなると幸いです。長尾中学校の柔道場には打撲や捻挫に備えて冷やせるための氷を保存できる冷蔵庫を完備していたという。。。

【追記】長尾中学校にクレーム電話してみた結果

上野容疑者は生徒2人に重症と軽症を負わせる怪我をさせた暴力教師です。

上野宝博容疑者はなぜ生徒に重症を負わせながら教育委員会を追放されないのか?

背中を骨折を負わせる重症を負わせられた生徒の気持ちになると、なぜ、この教師を教育委員会から追放しないのであろうか?という感情を抱いたことから、長尾中学校に直接問い合わせをしてみることにしました。

長尾中学校に問い合わせをしたところ、「只今、記者会見などの記事にあること以外はまだ教えることができない」との対応をされました。

対応された方は、対応に追われているのか、少し早口な対応でした。さらに、後ろの方からは電話のコールがなりっぱなしの長尾中学。一体どれほどの保護者を心配させたのでしょうか。

上野容疑者以外の先生達も生徒を守ために必死なのか、自分のことが大切なのか、慌てふためいている様子が目に浮かぶようでした。

副顧問の先生はなぜ止めに入らなかったのか?

上記に引き続き、副顧問の先生はなぜ、生徒を守ために、仲介に入らなかったのかや処分について、長尾中学校に問い合わせをしたところ、現在は副顧問から事情を調査中とのことで、報道さてていること以外は話してくれませんでした。

同じ立場の教師であるにもかかわらず、上野容疑者が生徒の愚行で激昂したことにビビってしまい、蛇に睨まれた蛙状態で固まってしまっていたのは、呆れて物も言えないほどです。

保護者には大事な生徒をお守りします。と教師はいうにもかかわらず、大事な場面で守ってくれないと、生徒からはもちろん保護者からの信頼を失っても仕方がないと思われても仕方がありません・・・。(続く…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました