竹内結子自殺

東山凛太朗(竹内結子の従姉妹と名乗る)ブログで自殺はデマ!薬物死と告発!

higashiyamarinntarouburogu竹内結子自殺
higashiyamarinntarouburogu

竹内結子さんが自宅マンションのクローゼットで自殺されてから丸2日経ちました。そんな中、竹内結子さんの死因は自殺ではなく三浦春馬や芦名星さん同様”薬物死”です。竹内結子さんの従兄弟と名乗る東山林太郎(ひがしやまりんたろう)がブログで告発しました。プロダクションから「圧力」がかけられ本当の死因が発表されることは100%ないとのこと。

ここでは、竹内結子さんの従姉妹と名乗る東山凛太郎のブログ、東山凛太郎の経歴、東山凛太朗のTwitter特定、竹内結子さんは自殺ではなく薬物死の真相について追っていきます。なお、この記事では随時・追記更新してまいります。

瀬戸大也(だいや)の浮気相手は鮎川るな!CA美人顔画像特定「疲れ果て、自殺ツイートも」

キングオブコント13代目王者悲願達成もつまらない!「今年は不作だったと思う」ジャルジャル

竹内結子死亡も3週間前にYouTubeで予言されていた・・・「不謹慎すぎる」

東山凛太朗(自称竹内結子の従姉妹)のブログ

竹内結子さんの縁戚(従姉妹?)と名乗る東山凛太郎。自身のアメーバブログで9月28日に投稿したブログの書き出しが「周知の通り、女優で僕の縁戚・妹分の竹内結子がこの世を去りました。」とのことです。周知の通り?東山林太郎が竹内結子の縁戚だと広く人の間に知れ渡っていたのかは謎ですが、東山凛太郎の以下のようなブログの投稿でした。

higashiyamarinntarouburogu

higashiyamarinntarouburogu

竹内結子の自殺はデマ!薬物死と告発!

touyamarinntarouburogu

touyamarinntarouburogu

周知の通り、女優で僕の縁戚・妹分の竹内結子がこの世を去りました。

皆様からたくさんの弔電をいただき恐縮しております。

本来ならばすぐに記事を書くべきでしたが、この2日間で体重が2キロも減り、今朝は起きてから鼻血が止まらず、今に至ってしまいました。

今週はメディアから結子がバッシングを受けますが、僕はワイドショーのオファーをすべて断りました。

結子の死の原因は三浦春馬さん、芦名星さん同様「薬物死」です。

プロダクションからは「圧力」がかけられ本当の死因が発表されることは100%ないでしょう。

時間をいただき、改めて、皆様の前で「真相」をご報告いたします。

今は結子の御霊を憂い、敬い、無事に天国に逝けるよう祈りたいと存じます。

もし可能ならば皆様も合掌の程、何卒、よろしくお願い申し上げます。

以下、割愛します。

引用:https://ameblo.jp/higashiyamarintaro

結子の死の原因は三浦春馬さん、芦名星さん同様「薬物死」です。

プロダクションからは「圧力」がかけられ本当の死因が発表されることは100%ないでしょう。(アメブロより)

竹内結子さんの死亡したショッキングなニュースのあまり、東山林太郎は何も喉を通らなかったのか2日間で体重が2キロ減り、悲しみの溢れは、ご自身の鼻から止まらないほど血が悲しみと同じように溢れていたと表現されているようにも思えます。

東山林太郎にワイドショーからのオファーが殺到しているようですが、全て断ったとのこと。竹内結子の自称従姉妹と名乗る東山凛太郎のブログではプロダクションに圧力がかけられ本当の死因は発表されないが、竹内結子さんの死因は自殺ではなく、三浦春馬さんや芦名星さん同様「薬物死」だったと明確に記載されていました。亡くなったのは事実といえ、本当に竹内結子さんの自殺はデマであって欲しいと祈るばかりです。

takeutiyuukokaogazou

takeutiyuukokaogazou

記事の最後に竹内結子さんの顔画像を載せていました。天国にいる竹内結子さんをイメージしているかのような満面の笑顔の写真です。

touyamarinntarouburogu

touyamarinntarouburogu

「東山凛太朗のブログ

「真実」を追求したブログです!!従姉妹の女優竹内結子の応援よろしくです!!!」(アメブロより)

東山凛太朗は明らかに従姉妹の女優竹内結子さんを出汁にブログのキャッチコピーを書いています。狐が虎の威を借りるがごとくです。東山凛太朗自身に力はなく、竹内結子さんのネームバリューを借りて、応援を促しているように謙虚そうに見せながらも本当は自分が目立ちたいだけでしょう。所詮人は自分のことだけを考えているということがよくわかります。

瀬戸大也(だいや)の浮気相手は鮎川るな!CA美人顔画像特定「疲れ果て、自殺ツイートも」

キングオブコント13代目王者悲願達成もつまらない!「今年は不作だったと思う」ジャルジャル

竹内結子死亡も3週間前にYouTubeで予言されていた・・・「不謹慎すぎる」

東山凛太郎(自称竹内結子の従姉妹)経歴

東山凛太朗は本文でもあるように、竹内結子さんの従姉妹だと名乗っていました。本当に竹内結子さんの親族なのでしょうか?ブログから分析していきます。

東山凛太朗のプロフィール

  • 名前:東山凛太朗(ひがしやま・りんたろう)
  • 生年月日:1964年4月26日(56歳)
  • 動物占い:チーター
  • 出身高校:東京都立武蔵高校
  • 出身大学:中央大学
  • 職業:商社、通信社を経て、作家、ジャーナリストに
  • 親族:大叔父に山本周五郎

ネットで東山凛太朗が直木賞を唯一蹴ったことや、ABBA認定日本公式サイト運営、ABBAの全歌詞を翻訳、ABBAのCD・DVDのほとんどの解説書執筆しているとのことです。アメーバブログで竹内結子さんの従姉妹だと語っておりますが、翻訳著者のジャーナリストであることから、芸能人の親族だと嘘をついてまでリスクを犯すことにメリットはないとが容易に推測できます。一概に竹内結子の従姉妹ではないとも言い切れません。東山凛太朗が著者である本がAmazonで6件販売されていました。AmazonサービスKindleでは、無料で読めます。

touyamarinntarouhonn

touyamarinntarouhonn

[東山凛太朗]のABBAザ・バースデー

東山凛太朗は動物占いで本質はチーターとのことです。動物占いのチーターの説明にあるように、行動の速さや頭の回転の速さもピカイチ「思い立ったが吉日」でなんでも行動に移す性格のようです。行動をすぐに起こすことから身内ネタである竹内結子さんの死亡は「真実」のいいネタになると考え、ジャーナリスト魂に火がつきブログを書いたのかもしれません。

瀬戸大也(だいや)の浮気相手は鮎川るな!CA美人顔画像特定「疲れ果て、自殺ツイートも」

キングオブコント13代目王者悲願達成もつまらない!「今年は不作だったと思う」ジャルジャル

竹内結子死亡も3週間前にYouTubeで予言されていた・・・「不謹慎すぎる」

東山凛太朗(自称竹内結子の従姉妹)のツイッター特定

東山凛太朗はツイッターでは「女優で僕の縁戚・妹分の竹内結子のあまりにも早い死!信じられない妹分・結子の誤った悪の選択!!#竹内結子」とハッシュタグを付けて自身のアメブロアピールツイートをしていました。

リプ欄には「薬物を…飲まされたんですか?」「飲んだのか、飲まされたのではニュアンスが違う」竹内結子さんの死因について混乱してしまうtwitter民たち。東山凛太郎のブログの書き方がややこしいことから、親戚が使う写真ではないのでは?誰でも貼り付けれそうで疑う始末。もしかして東山林太郎は竹内結子のただのファンでは?と思われていました。

touyamarinntaroutwitter

touyamarinntaroutwitter

「主語?が分からなくて、ややこしい書き方ですよね…薬物も、誰が、どのように?が肝心ですよね。うーん、嘘なのか…?過去の竹内結子さんのこと書いている記事も、親戚が使う写真かなぁ?と思ったり。誰でも貼り付けれそうで、怪しいです…ただのファン?」(twitterより)

「私も、申し訳ないですが、おっしゃる通りただのファンの方なのではないかなと思います。明確な書き方ではないから。」(twitterより)

touyamarinntaroutwitter

touyamarinntaroutwitter

東山凛太朗は6冊本を出版して、ABBAの翻訳著者でジャーナリストにしてはフォロワーがかなり少ない。竹内結子の親戚と特定できる情報は明確には出てきておりません。竹内結子さんの事が好きすぎるあまり、従姉妹と名乗っているのかもしれません。しかしながら、本文でもあるように本を出版している著者が嘘の情報を出すにはあまりにもリスキーであることから、真相は明らかになっていません。

瀬戸大也(だいや)の浮気相手は鮎川るな!CA美人顔画像特定「疲れ果て、自殺ツイートも」

キングオブコント13代目王者悲願達成もつまらない!「今年は不作だったと思う」ジャルジャル

竹内結子死亡も3週間前にYouTubeで予言されていた・・・「不謹慎すぎる」

竹内結子さんは自殺ではなく薬物死の信憑性について

大手の報道機関では竹内結子さんが自殺したと大々的に報じられておりますが、竹内結子さんの身内と名乗る東山林太郎のブログでは「薬物死」だと明確に記載しております。

果たして本当に東山林太郎が語るように、竹内結子さんは三浦春馬さんや芦名星さん同様「薬物死」だったのでしょうか…

女優の竹内結子(たけうち・ゆうこ)さんが27日午前2時ごろ、東京都渋谷区の自宅マンションで意識不明の状態になっているのを夫の俳優中林大樹(35)が発見、119番通報した。竹内さんは搬送先の病院で死亡が確認された。40歳。警視庁は状況から自殺とみているが、遺書は見つかっていない

引用:東京中日スポーツ

  • 竹内結子さんは自宅マンションで意識不明の状態で発見
  • 警視庁は状況から見て自殺と推測
  • 遺書は見つかっていない

竹内結子さんは意識不明の状態とありますが、家族は誰も異常に気づかなかったとのことです。

Twitterを漁っていると気になる情報が転がっていました。

自殺したとされる竹内結子さんが再婚した中林大樹さんのご実家は、奈良県高市郡高取町に本社を置く年商20億円の製薬会社・大一薬品で、#桜を見る会 で話題になった元山口組系暴力団員の新澤良文高取町議と繋がる。」(ツイッターより)

竹内結子さんの再婚した相手の実家が年商20億円の大手製薬会社・大一薬品で元山口組系暴力団員の新澤良文高取町議と繋がっていた事が明らかになっておりました。

事業内容は、医薬品・医薬品原料・医薬部外品・健康食品、健康食品原料・化粧品原料・工業薬品原料の卸をしているとのことです。竹内結子さんが12年前に中村獅童さんと離婚し、竹内結子さんが生存時に再婚して旦那になったのが中林大樹さんというのは有名な話です。

そんな中林大樹さんのご実家は製薬会社で致死量ある薬品を手に入れることは容易だったと考えられ、東山凛太朗が語るように「薬物死」であることが一致します。自宅には家族を病気から守るために、旦那の中林大樹さんが様々な薬品を準備していたに違いありません。病気を治す薬も摂取量を間違えると最悪死に至るとウィキペディアにも記載されてました。

薬物の危険性(ウィキペディアWikipedia)より

竹内結子さんの自宅マンションには旦那が家族の命を守る為に準備していたであろう薬品の数々が用意されていると推測し、ウィキペディアの情報を照らし合わせてこのような状況だったのではないでしょうか。

「オーバードース(英語: overdose)とは、身体あるいは精神にとって、急性の有害な作用が生じるほどの量によって、薬物が使用されることである。 それによって一時的、あるいは永続的な影響があり、最悪の場合死亡することがある。 日本語では過剰摂取、過量服薬と翻訳されている。」(Wikipedhiaより)

身体あるいは精神にとって、急性の有害な作用が生じるほどの量によって、薬物が使用されることである。とのことから、竹内結子さんは薬物死の可能性も浮上してきます。竹内結子さんが”産後うつ”状態の可能性などが報じられていることから、精神的にかなり滅入っていたと容易に推測できます。精神状態がままならない状態で、薬物を摂取していたのであれば、自殺ではないにしろ最悪の場合の死亡に至るほど薬物を摂取していた可能性がでてきます。

特に危険性が高いケースは、ヘロインやモルヒネのような鎮痛薬。

アンフェタミン、アルコール、ベンゾジアゼピン系の医薬品や、これらが同時に摂取された場合である。それらは作用する量と致死量が近い薬物である。逆に、大麻やLSDでは安全係数(治療指数)が高く、重症例はほとんどない。

意図的な過剰摂取は、自殺企図を意味することがある。数では違法な薬物よりも、合法的な薬物における方が多い。(ウィキペディアより)

非常に危険が高いケース

  • ヘロインやモルヒネのような鎮痛薬過剰摂取。
  • アンフェタミン、アルコール、ベンゾジアゼピン系の医薬品同時摂取。
  • 大麻やLSDでは安全係数(治療指数)が高く、重症例はほとんどない。

意図的な過剰摂取は、自殺企図を意味することがあるとのこと。数では違法な薬物よりも、合法的な薬物における方が多いです。

竹内結子さんの死因は薬物死のストーリーは?

東山凛太朗が語るに、竹内結子さんは自殺ではなく「薬物死」。これは自殺とも他殺とも汲みとれます。

もし、竹内結子さんが薬物死による自殺だった場合

竹内結子さんは”産後うつ”の症状により、頭痛や目まいが酷く、一時の気の迷いから、普段摂取している量より多めの鎮痛薬を摂取してしまった。いつもとなんら変わりはないと思った結子さんは、床について休もうと寝室に向かったのだ。

だが、自体は一変!鎮痛薬を多量摂取してしまったせいで、思うように体が動かない。家族に異変を訴えに行こうと立ち上がろうとするも、体に力が入らず、上手く立てない。それでも生きることを諦めない結子さんは、這いつくばりながらも、必死に家族の元へ進もうとする。体温は急激に下がりブルブル震える結子さん。

一方その頃、別室にいる家族は何ら変わらない日常を過ごしていた。夫の中林大樹さんは、生後8ヶ月の息子の世話をし、15歳の長男はYouTubeを観賞して穏やかに過ごしていたのだった。無情にも寝室で苦しんでいる結子さんの異変に全く気づかない家族達。

結子さんは、必死に苦しみからもがくも、うつ状態で生きることに疲れ果て、「このまま死んでもいいかも。」と思ってしまったのだろうか。せめて家族にこんな姿を見られたくない。そんな思いから必死にクローゼットに身を隠す結子さん・・・。意識は遠のき、不慮の自殺に走馬灯が走った・・・。

もし、竹内結子さんが薬物死による他殺だった場合

警視庁が自殺というのですから、ほぼ間違いなくそうだと信じたい反面、再婚して中林大樹との間に授かった生後8ヶ月の息子や家族を置いてなぜ?

6月30日配信の『フライデーデジタル』がベビーカーで散歩する仲良さそうな竹内ファミリーの写真を掲載しています、あまりにも自殺が不自然に思える状況なのもまた事実です。

竹内結子さん 亡くなる前夜も家族4人で団らん : 芸能リアルネット

他殺のキーワードはズバリ「クローゼット」です。竹内結子さんがクローゼットの中で発見されたことを受け、三浦春馬さんや芦名星さんが亡くなった時のシュチュエーションと同じということもあり、これは何らかのメーセージでは?という説が飛び交っていました。

竹内結子さんが他殺だった場合、推理小説だと、やはり竹内結子さんと一番近い存在である夫の中林大樹さんが疑われるかもしれません。さらに第一発見者は犯人だった・・・。何てことも推理小説ではおきかねない。

自称従姉妹の東山凛太朗は竹内結子さんの死因は「薬物死」と明確に記載しています。夫の中林大樹さんの実家が薬品会社で薬品は容易に準備でき、自殺や事故に見せかけた薬品同時摂取を図ることもできるかもしれません。竹内結子さんが亡くなる10分前に旦那の中林大樹さんは結子さんの姿をみていることから、行動を確認しているハズです。

「結子は育児で疲れているだろうから、これとこれを飲むと気分もよくなるよ」とでも言いながら、アンフェタミン、アルコール、ベンゾジアゼピン系の医薬品同時摂取させ、10分後に様子を見に行ったら、予想通り妻の竹内結子さんは意識不明の状態になっていた・・・。なんてことあってはありませんが、どうもにも怪しいです・・・。

画像

実際のところ明らかになっていないので、何とも言えませんが、事実が着々と積み重なってきています。

竹内結子さんの活躍「走馬灯ver.」

意識不明の状態で見つかった竹内結子さん。悲しい思いに駆られ、意識不明になる前に竹内結子さんの意識が遠のいて行ったに違いない・・・。

竹内結子は、女優。同じマンションに住む親友・イモトアヤコが浮かび涙がこぼれ落ちた。

竹内結子 茶々の泣き芝居がすごすぎ - くじらブログ

竹内結子さん死去、イモトアヤコへの心配声と中村獅童を責める無神経な声(週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース

映画デビュー作は1998年公開の『リング』だったなあ。『あすか』や『真田丸』NHKなどドラマ出演したなあ。『プライド』や『A LIFE〜愛しき人〜』では木村拓哉と共演したけな。

takeutiyuukodebyu-toujigazou

takeutiyuukodebyu-toujigazou

takeutiyuukokimuratakuyagazou

takeutiyuukokimuratakuyagazou

映画『いま、会いにゆきます』で日本アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされたなあ。2009年にはドラマ『フラッシュフォワード』でハリウッドデビューもしたなあ。

Amazon | いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD] | 映画

中村獅童と結婚してすぐに息子の太郎が生まれたんだよね。離婚も経験してまた結婚できた。こんな母親でごめんね・・・。

東山凛太朗曰く、プロダクションから「圧力」がかけられ本当の死因が発表されることは100%ないということです。

瀬戸大也(だいや)の浮気相手は鮎川るな!CA美人顔画像特定「疲れ果て、自殺ツイートも」

キングオブコント13代目王者悲願達成もつまらない!「今年は不作だったと思う」ジャルジャル

竹内結子死亡も3週間前にYouTubeで予言されていた・・・「不謹慎すぎる」

コメント

タイトルとURLをコピーしました